メニュー ENTRY

TOP MESSAGE

理想を100%の純度で
持ち続けられるような
企業にしていきたい。

2019年11月、リジョブは設立10周年を迎え、新たなソーシャルビジョンとして「人と人との結び目を世界中で増やし、心の豊かさあふれる社会を創る」を掲げました。これまでのリジョブは、いわば創業期。お客さまのため、業界のため、世の中のために、みんなで一丸となって走り続けてきました。その結果、美容・ヘルスケア業界の求人分野でトップクラスの地位を築き上げることができました。それは単純にマッチングの数を追うのではなく、経営者やオーナーの想いと働く人たちの想いを、ひとつひとつ結び目をつくるようにつなげることができたからではないかと思っています。私たちはこれから新しいビジョンのもと、たくさんの新しい結び目をつくっていきたい。その先にあるのが、私たちが描く心の豊かさがあふれる社会の姿なのです。

結び目を増やしていく方向としては2つのことを考えています。ひとつは私たちが現在向き合っている領域に新たな結び目をつくることです。たとえば美容・ヘルスケア領域では、これまでサロンや施設とそこで働くスタッフのみなさんを結びつけてきましたが、次のステップとしてサロンや施設とお客さまとをつなげ結び目をつくっていくサービスを始めています。もうひとつはまったく新しい結び目をつくることです。世界の人と日本の人、都市で暮らす人と地方で暮らす人、お年寄りと若者などさまざまな結び目の可能性が考えられますが、そのなかでいくつかをプロジェクトとして進めています。どんな結び方が良いのかは、正直私たちにもまだ見えていません。テクノロジーを積極的に活用しながらも、人と人との温もりを感じられるようなサービスや事業にしていくのがリジョブらしさ。ネットで簡単につながったり切れたりできる時代だからこそ、しっかりと結ぶことにこだわっていきたいと思っています。

代表メッセージ

さまざまな社会課題が顕在化するようになってきたいま、若い世代を中心に世の中を良くしていきたいという理想を持った人はますます増えてきているように思います。リジョブにも、そういった志や想いを持ったメンバーがたくさんいます。一方で、どんなに熱量が高くても組織に入って2年3年と経つうちに、理想は理想にしか過ぎないと諦めてしまうケースも多いのではないでしょうか。リジョブが今後、これまで以上に真剣に取り組んでいかなければならないのは、一人ひとりが自分の抱く理想を100%の純度で持ち続けられるような会社であり続けることです。リジョブはチーム力・全社最適を大切に成長し続けてきましたが、メンバーが事業創りや組織創りにチャレンジできる仕組みもブラッシュアップしていきたいと思っています。新しく掲げたソーシャルビジョンを達成するために、絶対に失いたくないのがベンチャースピリット。リジョブに「入る」のではなく、「一緒に創っていく」という意識を持って仲間に加わって欲しいですね。

代表取締役社長 鈴木 一平

VISION

リジョブが描く、
「心の豊かさあふれる社会」とは?

VISIONを見る

PAGE TOP