メニュー ENTRY

プロジェクトストーリー

新規事業「リジョブ介護」の
立ち上げ

新規事業「リジョブ介護」の立ち上げ

新規事業「リジョブ介護」の立ち上げ

介護業界の採用コストを1/3に。
業界全体の
ボトムアップを実現する。

リジョブ介護 営業責任者 yousuke.n

リジョブ介護 Webマーケティング責任者 takahiro.h

2025年、日本では250万人の介護職員が必要となり、38万人が不足するという。
この問題を解決するため立ち上げられたのが求人メディア「リジョブ介護」。
介護業界の採用コストを3分の1にすることで、浮いた資金を現場に還元できる仕組みを整えること。
また求人サービスを皮切りに、今後さまざまな角度から介護業界をサポートしていくことを
ミッションにおいた新規事業である。
このプロジェクトを任された花木・中村の同期コンビが、はじめて経験した新規事業立ち上げを語る。

人の「人生」に向き合う介護士。
社会から認められていない現状をどうにかしたい。

yousuke.n : 正直はじめは「新規事業」をやりたいという気持ちが強く、介護業界への興味はあまりなかったんです。しかし、いざ代表の鈴木の話を聞くと、業界全体が大きな問題を抱えていて、それが決して他人事ではないということを理解しました。その後、実際に介護の現場に足を運ぶようになり、その仕事の重みや意義深さに感銘を受けました。人の「人生」や「命」に正面から向き合っている介護士を、本当にカッコいいと思ったんです。しかし、それが世の中で認められていない現状…。「なんで介護士なんてやってるの?」なんて周囲から言われるような状況をどうにかしたいと、強く思いました。

いつか介護に関わる事業をやりたい。
その夢が、ある日突然現実に。

takahiro.h : 学生時代に母親が祖父母の介護で苦労している姿をずっと見てきたこともあり、いつか自分に力がついたら介護に関わる事業をやりたいと考えていました。入社後は、Webマーケティング部門に配属。夢中で必要な知識や思考法を詰め込む日常が半年ほど続いたある日。代表の鈴木に「花木君、何かやってみたいことないの?」と聞かれたんです。正直に介護業界への想いを話したところ、鈴木も同業界に関心を持っていたようで、その場で「やろう!」となったんです。母親をはじめとするより身近な人、そしてより多くの人を助けられる事業を任されることになり、とにかく気合が入りました。

CHECK!

右も左も分からない。
丸裸で挑んだ3か月。
美容業界において「リジョブ」をNo.1に成長させた実績があるとはいえ、まったく知識も人脈もない業界での新規事業は困難を極めた。花木はサイト構築と求職者の獲得に、中村はクライアントの獲得に奔走。自分たちが止まれば、全てが止まってしまう状況の中、時には2~3日まともに睡眠をとらず働くこともあった。まさに、大した武器も持たないまま、丸裸で目の前の課題に挑んだ3ヶ月であった。

業界知識なし。サイト開発経験なし。
「全部なし」からはじめ、手に入れたこと。

takahiro.h : まず初めに訪れた壁は「サイト開発」でした。1年目だった私には、当然サイト開発の経験はなく、つくり方をゼロから学ぶ必要がありました。それに加え、介護業界の知識も皆無だったのでさぁ大変。何から手をつければいいのか、そもそも全体像はどうあるべきなのか、優先順位はどうするべきなのか。暗中模索ってまさにこういう感じなんでしょう。しばらくの間、手探りのまま前に進み、進んではモレやミスを発見し、その都度軌道修正していくような状態が続きました。ゴールや全体像が見えている中で努力し結果を出すことには慣れていましたが、それ自体を自分で創っていく経験は初めてで、今振り返っても人生で何度もできない貴重な経験だったと思います。

yousuke.n : 営業は、月に5,6件しか契約がとれない状況が続きました。既に知名度も実績も抜群の美容求人メディア「リジョブ」の営業とは、全く別もの。「求職者数も少ない。企業数も少ない」そんなサービスを好んで使う企業はいません。美容の営業で成果を残してきた私のプライドは傷つきました(笑)これまでいかに商品力に頼った営業をしてきたのか痛感したんです。営業をゼロから勉強しなおし、商品ではなく自分を買ってもらうつもりで顧客と向かい合いました。「今一番困っている事は何なのか?」「既存のサービスで解決できない課題は何なのか?」採用以外の悩みにも耳を傾け続ける中で、徐々に自分に対する信頼を得られるようになり、契約が増えていきました。

CHECK!

3年で、業界NO.1へ。中長期的な目標へのシフト。
立ち上げから半年、「リジョブ介護」を利用する企業からコンスタントに採用決定の報告が入るようになり、事業は急速に活気づいていった。契約企業数、登録契約者数、サイトの検索順位など、目に見える数値で事業の成長を感じ取る中、二人の意識は目の前の課題から、中長期的な目標にシフトしていく。2人が考える「リジョブ介護」の未来とは。

介護士を誇れる仕事に。
そして世界へ羽ばたける職にする。

yousuke.n : 現在一人の介護士を採用するのに掛かる費用は、平均で70万円前後と言われています。給与が低く、税金も利用されている介護業界において、この数字は容認されるべきではありません。採用コストを抑えることで、浮いたお金を給与や待遇、教育や設備投資など現場に還元できるようにしたい。「リジョブ介護」を広げていくことは、介護業界全体のボトムアップに繋がると信じています。そして、もう一つ目標があります。それは、介護を誇れる仕事にすることです。「リジョブ介護」を通じて、介護の仕事の意義を発信していくことはもちろんですが、最終的には彼らが世界をまたにかけて活躍する後押しをしたいと思っています。今後日本に限らず多くの国で高齢化が進みます。そうなれば、高齢先進国である日本の介護士の技術やノウハウに自然と注目が集まると思うんです。その時に、海外と日本の介護士を繋ぐような支援ができれば嬉しいです。

介護士を誇れる仕事に。そして世界へ羽ばたける職にする。

介護の問題は、日本全体の問題。
より本質的な問題解決を担う存在に。

takahiro.h : 高齢化はこれから更に進み、新たな問題や更に深刻化した問題を日本にもたらすと思います。それらの問題に対し、より本質的な解決策を提案し続けられる存在でありたいです。「介護業界にリジョブあり」と言われるような。そのために、まずは国内No.1の求人メディアになります。そして業界を牽引できる実力と影響力を持つ存在になります。今後、人口が減り税収が減る中で、これまで国が担っていた行政サービスや福祉サービスの一部を、地域や企業、そして市民が担っていくような時代が目の前に迫っています。決して他人事ではないのですし、遠い未来の話でもありません。だからこそ、目の前の課題を解決しながらも、より根本的な問題解決まで見据え、業界に新たな常識を創っていくことが私たちの使命だと思っています。

現地セラピストを生むだけではなく、育てて、羽ばたかせるまでがミッション。

INTERVIEW

リジョブ介護 営業責任者

yousuke.n

リジョブ介護 営業責任者

リジョブ介護 Webマーケティング責任者

takahiro.h

リジョブ介護 Webマーケティング責任者

他のプロジェクト紹介を見る

PAGE TOP