メニュー ENTRY

REJOB BLOG

2018.11.05

元美容師&前職は化粧品店長。“美容のプロ”として12年間活躍してきた彼女が、未経験の人事に挑戦する理由。

 

『美容師&化粧品販売店長』という、華麗な経歴をダブルで持っている市川さん。そんな“美容のプロ”として計12年間活躍してきた働いた彼女が、リジョブに入社してはや3ヶ月。人事未経験ながら、コーポレート推進室で人材採用や全社イベントに携わっている市川さんに、どうしてリジョブに入社したのか?を聞いてみました。

 

美容師6年&化粧品店長6年。「憧れ」を仕事に突っ走った20代。

 

≫市川さん、美容師と化粧品販売の店長をトータル12年経験されていたんですよね?!

 

はい、中高生の頃からずっと、プロのヘアメイクアーティストに憧れていて、美容専門学校へ進学しました。学校ではメイクについて学びつつ、美容師資格を取って卒業。就活時に「ヘアメイクアーティストを目指すべきか、美容師になるか?」とても迷いましたが、当時、有名なヘアメイク事務所は1人の求人に対して200~300人の応募が殺到するような状況で。有名なプロのアーティストに弟子入りする道もありましたが、運よくアシスタントにしてもらえても、お給料の保証も分からないような時代だったんです。

 

3

※美容師時代のヘアコンテストにて。大好きだったアップスタイル部門で入賞したときの一枚です&左は妹です!

 

そこで、ヘアメイクアーティストの道は一旦あきらめて、折角資格を取った美容師になることに。初めの頃は「とにかく3年」と思い、アシスタント業務からスタートし、パーマ、スタイリング…と、ひたすら仕事を体で覚えました。入店当初からずっと通ってくれていたお客様のことは、今でも大切な思い出になっています。

 

4~5年目になると指名してくださるお客様もぐっと増えてきて、少し全体が見られるようになりました。そのうちに、自分は美容師の仕事の中でも「お客様とのコミュニケーション」が特に好きで得意だということ、美容師の中で10年、20年と生き残っていく人は「いかに技術を突き詰めていくか」という所にこだわりを持っていることなどが見えてきて、よりお客様とのコミュニケーションを深められる仕事に就きたいと思うように。結局6年間働いて、その美容室の中で自分の学べること・出来ることはやり尽くしたな、という状況でお店を卒業することを決めました。

 

「もっともっと、接客を極めたい」と思い、大好きな美容業界で化粧品販売員⇒店長に抜擢。

 

≫美容師の次は、百貨店の美容部員として化粧品販売を行っていたんですね?!

 

はい。学生時代から元々化粧品は大好きですし、ヘアメイクアーティストへの憧れももちろん持ち続けていたので、百貨店に入っている化粧品ブランドに就職しました。

 

2

※いいお店を作るために、当時の戦友(笑)たちと頑張っていたときの写真です♪

 

そこは化粧品会社としては中小規模でしたが、オーガニックコスメが流行り出していた頃で勢いがありました。スタッフとして化粧品をお客様に薦めていくのですが、カウンターの中で待っていてもお客様が来てくれる大手ブランドとは違い、まだ知られていない自社ブランドを知ってもらうために、とにかくカウンターから出てばかり(笑)。「サンプリングなど、来店のきっかけを作る」「再来店していただけるよう、次につながる接客をする」ことを心掛け、色々とトライ&エラーしました。

 

実際働いてみると、接客好きの自分には「美容師よりむしろ、この仕事の方がはるかに自分に向いている!」と思いました。自社商品への愛着もあり、楽しく働いている様子がにじみ出たのか営業成績も徐々に上昇。忙しくても充実していました。

 

≫そして、3年目で店長に抜擢されたんですね!

 

スタッフをしている時、自分の店舗や他店舗の魅力的な店長たちを見てきて「いつか自分も店長になりたい」と思っていました。密かな野望、ですね。そして「店長になるために、周りを納得させられるよう数字を上げよう」と努力してきたので、いざ店長になった時はとても嬉しかったです。

 

1 - コピー

※店長会議/年間表彰式の写真です!売上を伸ばした店舗として、他店舗店長と表彰されました!

 

販売員をしていて、私は「自分の数字を上げること」よりも、「後輩の数字を上げるために、どうすればいいか?」を考えたり、「お互いこんな声掛けをしたら、チーム感が出るんじゃないか?」とチームをまとめていったりする方が向いていると感じていたので、早くマネジメントに携わりたかったのもあります。店長時代、よく考えていたのが「定着率」で、スタッフのみんなにとって働きやすいお店になるのはどうしたらいいだろう?と考え、当時の社長にもよく直談判していました。

 

人事未経験の彼女が「人が好き。リジョブで人の採用や育成に関わりたい。」と、転職を決意した理由。

 

≫さて本題です。計6年の化粧品販売を経て、リジョブへ。どうして転職しようと思ったんですか?

 

前職はとても働きやすい職場でしたし、店長としてチームの売上を達成してスタッフの定着率もあがり、店長の次はエリアマネージャーというステップが用意されていたり…とキャリアとしては順調でした。

 

けれど、美容師の時もそうでしたが、自分の中である程度その職場・その仕事の全体像が見えてくると、
「自分だから出来る、誰かに喜んでもらえる仕事は本当にこれなのだろうか?」という気持ちが出てきて、もう一歩突き詰めたくなるんですね。

 

そこで、長年関わってきた大好きな美容業界で「人と関わり、お客様に喜んでいただける仕事」に携わりたいと想い、美容師時代から馴染みがあり、美容師やセラピストの就業支援をしているリジョブで「ユーザーサポート部門のマネージャー募集」という求人があったので、迷わず応募しました。

 

≫ユーザーサポート部門に応募…?現在はコーポレート推進室で働いているんですよね?

 

はい。応募職種は美容師やセラピストといった求職者様からのご相談に応え、お仕事探しのサポートをする「ユーザーサポート部門のマネージャー職」で、まさに自分のこれまでの経験が生かせる仕事!と思い、応募しました。

 

ところが2次面接で人事マネージャーのKさんと話をしていたときに、「美容師時代からずっと、お客様とのコミュニケーションが好きだったこと」「店長時代、人を採用し・育てることに大きなやりがいを感じてきたこと」をじっくり聞いてくださって、「市川さんはずっと“人”が好き、なんですね」「人と関わること、人の採用、人の育成、組織創り。美容師時代も、店長時代も、市川さんの根底に流れている人への想いが伝わってきました。それならば是非、コーポレート推進室で一緒にリジョブの人事をやりましょう!」とお話をいただいたんです。

 

正直、30代で未経験の自分に人事の仕事が勤まるのか?と不安もあったのですが、それ以上に、自分の心の奥底にあった「ずっと人に関心があって、人の育成に関わっていきたい」という想いをすくい取ってくださったKさんに感激し、「折角のチャンスだから、リジョブで自分の根本となる”人と関わる”適性や志向に、思い切って挑戦してみよう!」と思ったんです。

 

≫実際、コーポレート推進室ではどんな仕事をしていますか?

 

アルバイトさんの採用を中心に、採用選考の戦略立てや実際の面接設定~1次面接を行ったり、先輩とともに新卒学生向けの会社説明会の準備を行ったりしています。今年創業10年目のリジョブは180名規模の会社になりましたが、まだまだ「挑戦するベンチャー気質」の柔軟で多様性のある組織です。私は日々、それぞれの職種理解・刻々と変わる各チームの状況把握に努めながら「Kさんはこういうポイントで人を見ているんだな」「○○な特性の応募者は□□な部署が最適なんだな」など、学びつつ日々走り回っている状況です。

 

その他、年1回行う全国の社員が集まる大運動会や四半期キックオフなど、全社をあげたイベントの企画~会場探し・景品準備といった細かな仕事まで、毎日時間が足りません!!が、人事未経験の自分にチャンスをくれたKさんの想いに応えたい、いつかこれまでの自分の経験も生かし、リジョブの皆さんと共に「人が長く働く組織創り」に関わっていきたい、という想いを持って、日々踏ん張っています(笑)

 

≫入社してみて、リジョブのイメージは変わりましたか?

 

美容師時代からリジョブの事は知っていて「求人事業のみでなく、色々な事業をしているんだな」と思っていましたが、実際入社してみると、「若いメンバーにチャンスが与えられている」「”誰かの為に”と気持ちよく動ける人が多い」「様々な働き方のメンバーが共存している」など、徐々にリジョブならではの良さが見えてきました。組織内にも、”委員会制度”など組織をタテ・ヨコ・ナナメに繋げたグループが幾つもあり、とても働きやすいです。

 

≫コーポレート推進室でも、この10月に戦略立て合宿を行ったとか?

 

これも驚きだったんですが、リジョブでは多くの部署で一泊二日の「合宿」を行っており、私たちコーポレート推進室も、先日三浦半島に行ってきました。ここではコーポとしてどうありたいか?という所から話し合い、人材採用のための中長期的な戦略を考えました。

 

491598c4ef48ffa718cf49ed0e2be82a

※会議中はみんな、真剣勝負でした!

 

日常業務とは場を変えて、二日間ギュっと凝縮して戦略を考えたことでメンバー間の理解も進み、気持ちの距離がぐっと近づきました。そしてチームとしての目標と課題を共通認識として持てた事で、下期に向けて腹の底からやる気が高まりました。

 

「自分たちの組織を自分たちで創る」という当事者意識を持って、組織の要である人材採用・育成を行い、ビジネスの力で社会課題の解決に挑戦・貢献していく。そこがブレていなければ、ベテランも新人も関係なくどんどん意見を出し合いブラッシュアップして、今みんなで考えられる最善・最良の戦略を立てよう。…そんなコーポの在り方を肌で感じた合宿でした。

 

6d4cc17654adb8ca25106dc4d08ede1a

※サプライズで誕生会を行ったり、楽しいひとときも!

 

≫これから先、リジョブで何を実現したいですか?

 

今はまだ、目の前の仕事を覚えていくことに精一杯ですが、それでも徐々にチームの中で「自分のすべきこと・スタンス」が見えてきました。

 

短期的にはソーシャルビジョンや部署、メンバー、職種それぞれへの理解を深め、チームの一員として「リジョブの採用業務を自分でしっかりとまわせること」を目標にしています。ゆくゆくはこれまで美容師・店長経験を活かして、リジョブの採用・組織創りに関わっていくことで、少しでも心の豊かさあふれる社会の実現につなげられたら、と思います。

 

…前職・オーガニックコスメブランドの知識を活かして、オフの時は自分でブレンドした精油でリフレッシュして仕事に備え心と体をメンテナンスしています!という市川さん。私は彼女の隣の席なんですが、日々スピード感が増している彼女から、いつもいい影響を分けてもらっています。

 

美容師だったからこそ・店長だったからこそ分かる想い・心遣い…といった市川さんならではの経験を活かして、是非リジョブそして美容・ヘルスケア業界の採用と育成に新しい風を吹かせてください♪

 

 

☆株式会社リジョブでは一緒に働く仲間を募集しています☆

 

■新卒の方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/fresh

■中途の方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/career

■エンジニアの方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/engineer

■アルバイトの方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/parttime

この記事の関連キーワード
未経験

PAGE TOP