メニュー ENTRY

REJOB BLOG

2018.10.02

今夏の話題を独占した“カナノウ旋風”と“チーム・リジョブ”に共通する、“これからのチーム創り”についてまじめに考察してみた。

 

どうも。2回目の登場になります。大阪支社営業部の竹本(たけもん)でございます。

 

最近、大阪支社も順調に規模拡大しておりまして、ここ3ヶ月で5名ほど増えました!竹本の率いるメンバーも増えたので、頑張っていかなあかんな言うてるんですけどね。お察しのとおり、本記事ではこれからの「チーム力」について考えてみましたので、お時間ある方、少しの間お付き合いください。

 

話は変わりますが、皆さん今年の夏の甲子園って見ましたかね!?竹本は中学まで野球やってまして、野球が大好きなワケです。

 

その中でも今大会のダークホースと言われ、決勝進出した秋田の公立高校「金足農業高校」の活躍が「カナノウ旋風」と呼ばれ、話題持ちきりでしたね。雑草軍団と言われながらもなぜあれ程強かったのか?ということで、一般的には、

 

(1)役割の明確化と選手・監督間の“信頼関係”
(2)「主戦法」にとらわれない逆をつく“戦略”
(3)選手自らが行っていた“採用活動”

 

の3つの理由がよく取り上げられています。…なるほど。この躍進の裏には明確な理由があったということですよね。竹本にはここで上記に加えて、もうひとつ、無くてはならない理由があるように思いました。それが、

 

(4)利他精神をベースとしたビジョン共有~”相互応援型”組織~

 

です。

 

特に興味深いのは『このチームの成り立ち』です。ほかの強豪校では、力を持った個人を全国から集めてチームを形成することが多いのですが、金足農校は違いました。ベンチ入り全員が地元出身・しかもほとんどが中学校時代からの同じチームのメンバーなのです。

 

というのも、エースの吉田投手が中学時代のチームメンバーに「甲子園に行くためにみんなで金足農校に行こう」という声かけを熱心に行い⇒その想いに共鳴してメンバーが集まり⇒メンバーから「吉田を甲子園に連れていこう」というムーブメントが起こり⇒「みんなを甲子園に連れていきたい」と、吉田選手をさらに駆り立てる、という循環が起き、つまり、お互いが「メンバーの夢を叶える」ために毎日練習に明け暮れたわけです。

 

8993b846c68b61f989ccd633afbbb055_m

 

竹本はここに、”これからのチーム”のあり方を感じました。金足農校のチームは、個の力をみるとプロ注目というほどの選手はほとんどいないけれども、「みんなを甲子園に連れて行きたいから甲子園に行きたいんだ!」という1つの想いを共鳴させた”チームの力”が、「一人ひとりの力が強い個人を集めた」名だたる強豪校を凌駕したのです。

 

これが、これからのチームに求められる”相互応援型組織”ではないでしょうか。物理学的にみると、以下のような”チーム力学”が働いていたと考えます。

 

sUJBj4CllXvC-67W3NzwAmw

 

これまでの“個々人のビジョンを目指すだけのチーム”と比較すると、金足農校のチームには”あの人のために”という横向きの力が働くことでスパイラル状のパワーが生まれ、さらに大きな力が生み出されたのだと考察されます。

 

…ここで考えてみると、毎年130%成長を誇る、チーム・リジョブにもこの「利他精神をベースとしたビジョン共有」という文化が根強くあります。元々、リジョブには「価値向上 × 利他離己」というチームスタイル(行動指針)≒要は、自分の利益ではなく、他人の利益を優先できることが良しとされる企業文化があり、採用基準としてもここはかなり重視されます。実際リジョブにいるのは、人のために頑張れる優しく誠実な人ばかりですね。

 

ここでひとつエピソードをお話すると、リジョブでは雇用形態に関係なく、チームが一枚岩になって目標達成を目指しています。

 

リジョブの営業チームは、お客様を直接訪問フォローする営業と、お客様にお電話でフォローを行うアポインターに役割が分かれています。営業は正社員・アポインターはアルバイトという雇用形態の違いはありますが、この違いはあくまで役割の違いでそこに上下の差は生じません。アポインターさんはお客様と営業が良好な関係を築けるよう、一生懸命に電話でお客様をフォローしてくれます。営業はそれを受けて「いつも電話でフォローをしてくれている、アポインターさんのためにも!」と力が入ります。そして、お客様からお申込を頂いたり、嬉しいご報告があった際には、自然とアポインターさんにお礼を伝えたくなります。

 

このように、色々な役割を持つメンバーがお互いの目標を共有して応援しあう、そんな「利他離己」なチーム(=「相互応援型チーム」)が竹本には居心地良いな、といつも思っています。

 

もう少し、チーム・リジョブについて知って欲しいので、最近中途で入社された営業のお二人にもチーム・リジョブについていろいろ聞いてみました!(向かって右の女性:Mさんは7月入社、左の男性:M之内さんは8月入社)

 

41443d5d-da30-4bdf-8f53-2399467e0302

 

ー入社の経緯を聞かせてください。

 

(Mさん)私はもともと、大手ドラッグストアの店長やSVを7年ほどやっていました。前の職場は好きでしたが、これからの人生やワークライフを考えたときに転職を決意し、そのなかでリジョブと出逢いました。

 

前職では、外国人の方と関わる機会が多く、日本製の化粧品や美容商材が信じられないくらい売れました、(実際、店長就任時、免税サービスを開始して売上げを5倍に伸ばしたとか!)その経験から”日本文化の素晴らしさ”を伝える仕事に興味を持ち、リジョブ社の「日本の誇る技術とサービス」を伝えるビジョンに感銘を受け、ご縁あって入社しました!

 

ーハキハキと楽しそう語る姿にとこか聞き入ってしまいますね。ありがとうございます!では、M之内さんは?

 

(M之内さん)自分はもともと美容ディーラーを8年くらいやっていました。何百軒もの美容室と関わるなかで、お客様の困っていることのほとんどが求人だったんです。そこをなんとか解決したくて、転職を決定しました。だから、リジョブはもともと知ってました。採用してもらってとても感謝しています。

 

ーM之内さんって、見た目爽やかなんですが、人たらし感が否めないですよね。あ、もちろんいい意味ですよ!w

 

6091a36f-b6f2-499c-8534-ca4c1cded533

 


ーところでお二人、チーム・リジョブの一員になってみて感じることを教えてください!

 

(Mさん)雇用形態関係なく、チームの一体感がスゴイのと、チームの空気がとてもいいと思います!特に、前職では考えられないくらい、アルバイトと正社員の垣根がなくて。前の職場だとアルバイトはただ、決められたことを”ちゃんと”こなすことが善しとされ、頑張っても特に褒められたりはしませんでした。だから、実際社員とアルバイトの間には見えない壁のようなものがありましたね。リジョブでは、それがないんですよ。アポインターさんがいい仕事をしてくれればチーム全体で称賛し、だからこそアポインターさんは電話フォローに力が入る。そんな、いい空気感を感じています!

 

(M之内さん)まだ入って間もないですが、ボトムアップの社風が自分にはあってるなと思います。前の職場はどっちかといえばトップダウンで社員の意見というよりは社長の意向を優先する。歴史のある会社だったので当然といえば当然なのかもしれないですが、自分は現場の社員から発信していける環境のほうが居心地がいいなと感じています。今、自分はアポインター業務から担当していますが、目標設定だけがあって、具体的なやり方は完全に任されています。プレッシャーは感じますが、すごく社員の意見を尊重してくれているなと感じています。会社も若いですし、新たな展開をみんなで創っていこうとする気概もあって、これからとても可能性に満ちた会社だと思っています。

 

ーお二人とも、ありがとうございました!

 

Mさんは名古屋、M之内さんは大阪に配属となりますが、二人の活躍なくして大阪・名古屋支社の躍進はないですからね。本社を脅かすくらいもっともっと幅利かせていきましょう!…二人に続き、実際のリジョブ社の空気を感じてみたいという方は是非一度桜の咲く芝生もあるので遊びにきてくださいね♪

 

さて、まとめに入っていきます。再三お伝えしてますが、竹本はこれからのチームが成果を出すためには、”利他精神をベースとしたビジョン共有”が必要だと感じています。言い換えると、働く側も「自己実現」以上に「他己実現」、つまり他者同士がお互いの夢を応援しあう”相互応援型”な関わり合いが求められているともいえるでしょう。そこでリジョブでは、以前記事に書いたSPA構想でも提唱しているように、メンバーはもちろん業界に関わる人たちの夢を応援しながら社会へ貢献することで、いままで以上に「心豊かさあふれる社会」を創っていけるよう邁進していきます!

 

Photo_18-09-28-23-55-15.189

 

少し長くなってしまいましたが、皆さんの何かの気づきになれば幸いです!…以上たけもんでした。また次回どこかでお会いしましょう~♪

 

☆株式会社リジョブでは一緒に働く仲間を募集しています☆

 

■新卒の方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/fresh

■中途の方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/career

■エンジニアの方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/engineer

■アルバイトの方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/parttime

PAGE TOP