メニュー ENTRY

REJOB BLOG

2018.05.28

「そうだ、東京へいこう!」金髪娘がリジョブの面接を受けて人生が変わり、リーダー賞を受賞するまでの道のり。

みなさんこんにちは!中途入社2年目、制作チームのリーダーをしております山本です!
私はリジョブに入って、人生がまるっと変わりました!

 

地方から東京に出て、チャレンジしようかと迷っているあなた。私は、今までの人生で関わったことのないような、素敵な方たちと出会ったことで、自分でも知らなかった自分を見つけることができました。そんな25歳のプチサクセスストーリーをご覧いただき、一歩踏み出すきっかけになったら嬉しいです☆

 

■「 21歳で結婚する!」と思い込んでいた静岡時代

 

保育士になりたい!と夢見ていた高校生の時、勉強が大嫌いだった私は、「なんで勉強が嫌いなのに、勉強をしに大学に行くんだ?」と疑問を持ち一瞬で進学を断念w 就職も決まらないまま高校を卒業し、慌ててハローワークへ!(両親はさぞ心配したことでしょう。)子供と洋服が大好きだった私は、地元の子供服屋さんに就職。

 

差し替え画像

 

※お客様とパシャリ☆ ママ服も扱う子供服ブランドだったため、毎日派手な服を着ていました♪

 

多忙な日々に疲れてしまった20歳の私は「フリーターでいいや!」と、某有名チェーン店居酒屋に転職。2ヶ月後…社員不在、店長はアルバイト・金髪・20歳(←これが私w)、ベテラン料理人のおじさんと後は全員未成年の学生さん。。

 

これだけ聞くと恐ろしいですよね? でもここでの経験が、きっと今に活きているのだと思います。どうしたら売り上げを上げられるか。少ない売上でどうスタッフを稼がせてあげるか。本当に悩みました。ある時にはお客様からお叱りを受け、店舗玄関で泣きながら土下座をしたこともありました。でも、そんな私を支えててくれたのは、スタッフのみんなでした。

 

「あんなさんが頑張っているからがんばろう。」とみんな一生懸命働いてくれ、店舗最高売り上げを記録することができたのです!!!スキルや能力に勝るのはチーム力だと実感しました。この時最高のチームを作り上げたことで、今の私がいます。

 

なぜ、最高のチームを作ることが出来たのか。特別なことは何もしていません。『リーダーである自分が誰よりも動くこと』『スタッフにとって居心地が良いお店にすること』たったこれだけです。リーダーが何を見せて、どれだけスタッフの気持ちに寄り添うかだけで、チームは大きく変われるのではないでしょうか。

 

2

 

※居酒屋メンバー♪ 美容師・保育士・トリマー それぞれの夢を叶えました☆

 

■ そうだ!東京へ行こう!

 

居酒屋から営業事務に転職。2年ほど働いていたころ、気づいたら24歳になっていました。静岡の田舎で生まれ育った私は、24歳だとそろそろみんな結婚しているころです。あれれ?私置いてかれてる?この先の人生どうしよう。 と急に焦り始めました。「そうだ!!東京へ行こう!」と思い立ち3度目の転職を決意、たまたまリジョブの求人を発見しました。「オフィスに桜が咲いてる!かわいい~!」と思いポチッ!

 

この『ポチッ!』により、ここまで人生が大きく変わるとは思いもしませんでした・・・

 

■ 掴んだ3つのラッキー☆

 

3

 

先日代表に言っていただいたことがあります。「あんちゃんは3つのラッキーがあったよね。」
・・・本当にそうなんです。この3つのラッキーを掴んだことで、私の人生はまるっと変わりました。

 

1. こんなすごい同世代がいるのか!声の大きい面接官!
びっくりしました。(あ、声の大きさにではないですよw)面接官のYさんは1つ年上の女性だったのですが、とにかく仕事に対する情熱が熱いんです! 講義を受けているかのような、充実した楽しい面接の時間でした。こんな人と一緒に働いてみたい!絶対ここに就職する!!そう決意し入社を決めました。

 

2. うちの社員の子の家に住んじゃいなよ!
びっくりしました。(2回目!)まだ静岡に住んでいた私は、初めての東京で初めての家探しからスタートしなけばなりません。3人目の面接官、人事のKさんの放った一言です。「うちの社員の子の家に住んじゃいなよ!気が合うと思うから大丈夫大丈夫♪」まだ会ったこともない先輩のお家に住ませていただくことが決定!w無事採用していただくことが決定し、翌週から先輩のお家にお邪魔することになりました!今でも、何でも相談させていただいたり、時にはお酒を飲んではしゃいだり、大好きな先輩です♡

 

3. めんどくさいと思われるぐらいやれ!
上司のFさん。この方です。この方が私の人生を大きく変えてくれたリジョブの父です。入社して間もないころ「遠慮ほど無駄なことはない。気になったことは全部聞け。めんどくさいと思われるぐらいやれ!」と言っていただきました。それから気になったことは何でも聞きました。業務のことはもちろん、人との接し方についてもたくさん教えていただきました。生意気な私は、納得がいかないことは納得がいくまで聞き続け、親子喧嘩もよくありました。(この言い方がさらに生意気ですねw)

 

でも、Fさんは決して私を見捨てず、納得がいくまで説明することをし続けてくれました。自分でも知らなかった私の良いところを引き出してくださり、なんと入社半年でチームリーダー、さらに2017年度の年間表彰ではリーダー賞を受賞することが出来たのです。

 

本当にめんどくさい部下だったと思います。でも、リジョブには愛情をもって全力で関わってくださる方がたくさんいます。わたしもFさんのように、教えていただいたことを次の代へ伝えていきます。

 

■ 新たな挑戦!フィリピンへ!!

 

リジョブのビジョン「日本が誇る技術とサービスを世界の人々に広め、心の豊かさあふれる社会を創る。」を体現しているCSV活動。その活動を行う新たな委員会が発足し、メンバー募集のお知らせが舞い込んできました。「CSV?社会事業?なんだそれは。。」と思っていた過去の私はもういませんでした。リジョブが大好きになり、ビジョンを体現している活動に参加できるチャンスがあるなら、絶対にやりたい!と思ったこと、そして、現地法人RENABLE代表Uさんに憧れていた私は、近くでUさんと関わりたい!と思い立候補し、委員会メンバーに選ばれました。

 

2018年3月、委員会活動の一環としてフィリピンへ視察に行くことが決定。これまで、海外は韓国しか行ったことが無く、英語も全くしゃべれません。さらに初めてのホームステイまでさせていただくことになり、わくわくと不安が入り混じっていました。というより、出発数日前からは不安が8割で、ホームステイ先から逃げ出さないか心配されたほど。。

 

でも実際に行ってみると、そんな不安要素は全く無く、本当に心の優しい方ばかりでした!現地到着早々に、Wi-Fiをトライシクルに乗っていた時に落とし絶望的な気持ちだったのですが…なんと数時間後に私のもとへ返ってきたんです!「道に落ちてたよー^^」と声をかけてくれて(多分そう言っていたと思います)、なんて心の優しい方がいるのだろうと、フィリピンが大好きになりました!ホームステイ先のホストファミリーも「あんなは今日は私の娘だからね」と本当の家族のように接してくれました。大切なのは言葉だけでなく、愛情をもって接すれば、想いや表情で伝わるんだなと実感しました。

 

※詳しくは、一緒にフィリピンへ行ってきたNさんがブログ【新卒2年目、フィリピン視察に行ってきました。強くて素敵な女性たちの国でした。】を書いているので、是非ご覧ください!

 

4

 

※ホストファミリーと♡ 今でも連絡を取り合っています!

 

■ 今が人生で一番楽しいです!

 

本当に人生には何が起きるかわからないですね。静岡で働いていたころには東京に行くなんて思いもしなかった私が、フィリピンにまで行っているのですから。発言すること、行動することでいくらでも自分を変えることができます。リジョブに来て、その想いがさらに強くなりました。

 

もちろんみんながみんな、はじめから夢や目標が決まっているわけではありません。でも大丈夫!「自分にできることは何だろう」と迷っている方、一緒に迷って、一緒に考えてくれる仲間がココにはいます。

 

そして、リジョブにはたくさんのチャンスがあります。そのチャンスを掴むかどうかはあなたの行動力次第です。スキルが高くなくてもいい、経験が浅くてもいいんです。是非、あなたの”想い”を持ってきてください。

 

☆株式会社リジョブでは一緒に働く仲間を募集しています☆

 

■新卒の方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/fresh

■中途の方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/career

■エンジニアの方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/engineer

■アルバイトの方
https://rejob.co.jp/recruitment/job_type/parttime

この記事の関連キーワード
中途採用

PAGE TOP